長崎県 松浦市 ー タバコ生産時の硬盤破砕や転圧マルチング作業

~ もう手放せないですね。 ~

ユーザ事例

タバコ約3.1ha、水稲80aの栽培と繁殖牛2頭を飼育しています。スーパーソイラーは、もう5年ほど前に雑誌「現代農業」に載った広告を見て興味を覚え、さらにインターネットで調べて、何度も川辺さんにも電話で問い合わせた上で購入しました。
というのは、それまでこの地区はタバコの立ち枯れ病に悩まされていたからです。病気対策に消毒薬を地中に散布するのですが、固い赤土の土壌なので散布用のサブソイラーのボルトがどんどん折れてしまって使い物にならず困っていました。
プラウを使って土を柔らかくしてからとも考えて試してみましたが、20センチくらいまでがせいぜいの深さで、これも駄目でした。

確かな手ごたえですね

比較的大きいトラクタで引っぱっていますが、やはりかなり固い赤土の土壌なので、抵抗が大きく、スーパーソイラーでも一回目は30センチくらいの深さまで硬盤破砕し、2回、3回と続けてかけるようにしています。そうすればかなりの深さまで軟らかくなり、消毒薬を地中散布すると全層に消毒液が行き渡りますね。使い始めてからは病気がずいぶん減ってきて、確かな手ごたえを感じています。

転圧ローラーが便利です

硬盤破砕に使っているのはSV2-BDという機種ですが、12月に行う消毒作業の時はアタッチメントを転圧ローラーに取り替えて、消毒作業をしながら同時にすぐ転圧マルチング作業を行います。いわば消毒とマルチの一貫体系ですね。結構な鎮圧力なので消毒薬のガスも抜けず、作業が安全に早く済みます。これは本当に便利ですよ。

ご近所の人気者です

この取材の日も、近所の友人がちょっと貸してほしいと機械を持っていってしまって、写真が撮れなかったのですが、ここ2〜3年で近所でも4〜5台は買っています。みんな立ち枯れ病の悩みが無くなったと喜んでいます。
昔から色々な農機を購入して使ってきましたが、スーパーソイラーほど効果を実感できたものはありません。この機械はもう手放せませんね。

ユーザ 桑田 伊佐武 さん
地域長崎県 松浦市
主な用途 タバコ生産時の硬盤破砕や転圧マルチング作業
機種名 SV2-BD/T