転圧マルチング・麦踏みローラーや暖地二毛作でも活躍する転圧ローラー

転圧ローラー

KAWABEのバイブロスーパーソイラー製品ラインのひとつ、「転圧ローラー SV2-T」は、土壌消毒後の転圧マルチング・麦踏みローラーや研究が進み注目されている暖地二毛作での漏水防止対策など、さまざまな用途で活用されています。
今回は用途別活用法についてご紹介させていただきます。

SV2−T

独自の振動式だから鎮圧力が違います

KAWABEの転圧ローラー SV2-T は、トラクタの3点リンクヒッチに直装可能でトラクタから動力をとりだすパワーテイクオフ(PTO)駆動で稼働します。

SV2-Tは、ローラ重量が280kgのため出力30PSクラスのトラクタでも利用可能です。KAWABE独自の振動式のため、振動時の瞬間的な鎮圧荷重は600〜2500kg (PTO:800〜1100rpm) に達し、鎮圧力は非振動式の約9倍の力で鎮圧作業を行うことが可能です。

活用法1
[暖地二毛作における水稲乾田直播圃場の漏水防止]

北部九州地域では温暖多雨な地域特性を生かして、水稲-小麦、大豆-大麦などの二毛作が展開されております。この方式は低コスト農業を実現していますが、さまざまな課題もあり、その中の乾田直播での漏水防止対策としてKAWABEの転圧ローラー SV2-Tが活用されています。

下記では、農研機構九州沖縄農業研究センター「水稲乾田直播を核としたアップカットロータリの汎用利用による稲・麦・大豆輪作技術マニュアル」5頁に掲載されている「振動鎮圧ローラを活用した漏水防止対策」を紹介させていただきます。

SV2−T

農研機構九州沖縄農業研究センター「水稲乾田直播を核としたアップカットロータリの汎用利用による稲・麦・大豆輪作技術マニュアル」5頁より転載

鎮圧作業の必要性と工程

水稲乾田直播は、低コストで省力的な栽培方法です。しかし、水稲-小麦、大豆-大麦の二毛作が展開される北部九州地域では、麦類の収穫から水稲播種までの準備期間が短く、さらに畑利用(大豆、麦作)の継続によって圃場の漏水が顕著になるため、水稲乾田直播栽培を実施するためには、播種時の効率的かつ効果的な漏水防止技術が必要となります。ここで提案する振動鎮圧ローラによる対策は、表層散播機等で一工程耕耘同時播種した後に実施します。

鎮圧作業の工程

鎮圧作業のポイント

  • 推奨の圃楊サイズは50a以下で、作業速度は 3km/h 程度が上限です。
  • 圃場面積 40a、作業速度 3km/hにおける作業能率は 20分/10a 程度です。
  • 推奨されるPTOの回転数は、1000〜1200rpm 程度です。
  • 枕地を先に鎮圧することで、旋回時のタイヤ跡による乱れを軽減できます。
  • 旋回時は必ずPTOを切って振動を止める必要があります(注:止めないと機械が壊れます)。

鎮圧に適した土壌水分の判断方法

鎮圧前の表層の土を握って、固まるか否かで湿り具合が判断できます。乾いている場合には、降雨や地下灌漑(FOEAS)等を利用して湿った状態になってから作業するとよいでしょう。


振動鎮圧の効果-実施例

播種後に鎮圧作業を行うことで、漏水甚大な圃場の減水深も20mm以下におさまりました。乾いた状態での鎮圧では、効果が小さくなります。

※乾田直播圃場の減水深などの振動鎮圧の効果などについて詳しくは、農研機構九州沖縄農業研究センター「水稲乾田直播を核としたアップカットロータリの汎用利用による稲・麦・大豆輪作技術マニュアル」をご覧ください。


活用法2
[土壌消毒後の転圧マルチング]

SV2−T

土壌消毒効果の持続に効果的

土壌消毒後にSV2-Tにて土壌表層を転圧することにより土壌の表層を覆うマルチング効果が生まれ、保水性の維持や土壌の消毒効果の持続および流出対策などにも効果的です。
また、播種後に転圧マルチングを行うことにより種の土壌への定着が促進されます。

※写真はタバコ畑の転圧マルチング

活用法3
[麦踏みローラー]

SV2−T

らくらく麦踏み

SV2-Tにて土壌から発芽した麦に転圧することにより、麦栽培における麦踏み効果を得ることができます。
出力30PSクラスのトラクタでも利用できるので、規模に合わせた麦踏み作業を効率的に短時間で行えます。

※図は麦踏みローラーの作業イメージ

活用法4
[駐車場や庭の締め固め]

SV2−T

振動式だからしっかり締め固め

SV2-Tの非振動式の約9倍の力を生かして駐車場や庭の締め固め作業でもご活用いただけます。

※図は土の締め固めの作業イメージ


※スマートフォンは表を横にスクロールできます。
SV2-T[転圧ローラー] 仕様
機種名 全長(mm) 全幅(mm) 全高(mm) 重量(kg) 適応トラクタ(ps)
SV2-T 790 1400 1055 280(ローラー重量) 20〜30

※本仕様は予告なく変更することがあります。

こちらから24時間お問い合わせを承っております。

川辺農研産業株式会社へのご連絡は下記フォームよりお願いいたします。
製品の詳細から実演についてのご質問、パーツリストダウンロード登録、サポートについてなどお気軽にお問い合わせください。
※必要事項をご記入の上、[送信]をクリックしてください。

必須 お名前

必須 メールアドレス

任意 件名

必須 メッセージ本文

※確認画面は表示されませんので入力内容をよくご確認の上送信ボタンを押して下さい。