茨城県 下妻市 ー ネギ畑の硬盤破砕、弾丸暗渠や掘り取り

〜 ネギ掘りにも小麦にも使っています。 〜


ユーザ事例

小麦4ha、水稲2.4ha、ネギ4aを作っています。ネギは夏ネギ2a、冬ネギ2aと、畑を半年ずつ使いながらの栽培です。小麦は、ハーベスタで収穫した後は全量JAに出荷しますが、ネギの掘り取りは大変な労働でした。平成14年から、JAの薦めで導入したスーパーソイラーのSV2-NGTKというネギ掘りアタッチメントを使い始めてからは楽になりました。50psのトラクタで引っぱりますから、かなり作業も早いですしね。

これが無かったら大変

麦もネギも水田転作ですから、まず土を作り直すところからやらなきゃならない。畑にしても、耕地整理で新しく作った畑は、水田の土を運んでブルドーザーで造成・整地してありますから、これもものすごく硬い。平成17年からスーパーソイラーのSV2-BSという硬盤破砕と暗渠用弾丸の付いたアタッチメントを付けて、40センチくらいの深さまで土を軟らかくし、さらに作土層にロータリーをかけてから種蒔きをしています。

まず、水はけが良くなりました。去年の6〜7月は長雨でしたが、畑に水が残らないから小麦の収穫も困りませんでしたね。ネギ畑も同じです。これまで収穫前に雨でも降ったら、粘った土が固く締まって掘り上げることはとても難しかったのですが、土も軟らかくなったし、水はけが良いからトラクタで高能率の掘り取り機が使える、もうこれが無かったら大変でしたよ。

ずっと農業を続けたいですね

ずっと農業を続けていきたいと考えていますが、家内と二人でやっていくには効率の良い機械の力を借りるしかない。機械化の体系が整った米づくりと違って、畑でつくる野菜類、特にネギや葉物類のように手間のかかる作物には、良い機械が必要です。

私たちも、できることならあと20年くらいは二人で続けたいと思っていますが、実際どうなりますかね。
カワベさんには、もっともっと研究して我々農家の役に立つ機械を開発していってほしいと思います。

ユーザ 山中 宗治 さん
地域茨城県 下妻市
主な用途 ネギ畑の硬盤破砕、弾丸暗渠や掘り取り
機種名 SV2-NGTK/BS