熊本県 八代市 ー トマト用ハウスの硬盤破砕

〜 増収に効果ありです! 〜


ユーザ事例

八代市は清流球磨川が流れ、対岸に天草を望む風光明媚な土地です。11月から翌年の6月まで、40アールのハウスでトマトを栽培しています。夏から秋は米作りですが、トマト用のハウスの土がご多分にもれず硬盤(心土)ができて困っていました。

皆さんは天地返しですが・・・

土作りというとご近所の農家の皆さんも大方はプラウなどで天地返しをされていますが、私は何故堆肥や肥料を入れてせっかく作った作土層を、下層の劣化した酸素の少ない硬い土と入れ替えてしまうのか、ずっと疑問に感じてきました。

そこで地元の農機会社に頼んで、天地返しをしないで硬盤を壊せる機械を探してもらって、ようやく見つけたのがカワベスーパーソイラーだったというわけです。

昨年購入して早速使ったのですが、ハウスでこれを使っているとご近所の方が何をしているんだとのぞきにこられますよ。でも、土の下45〜50センチくらいで心土破砕をしているから、地上からでは何をしているのかわからない。川辺さんには悪いけど売るのに難しい機械かもしれませんね(笑い)。

収穫量の波がなくなりました

私が使っているトラクタは33psなので、川辺さんの薦めでSV2-BDという型の硬盤破砕仕様を購入しました。水はけが良くなりましたし、土が軟らかくなって根が伸びて生育も良いせいか、例年ですと収量に時期的な波があるのですが、今年はそれがなくて25段〜27段の収穫がありました。

契約栽培で大手スーパーに出荷し、一部は他にも販売していますが、おかげさまでスーパーソイラーの機械代金は今年1年だけで償却できてしまいそうです。

お薦めしますよ

農機が大型化しているし、農家の高齢化もあってトラクタなどが無いと農業経営はできない時代です。しかし、だから畑にもハウスにも硬盤(心土)ができてしまいます。

良い作物を少しでも多く作るために土作りは大切ですが、下層の粘土など劣化土壌を掘り返して作土に混ぜたら土作りの意味がなくなってしまうと思います。その点この機械は優れものです、皆さんにお薦めしますよ。

ユーザ 桑崎 邦彦 さん
地域熊本県 八代市
主な用途 トマト用ハウスの硬盤破砕
機種名 SV2-BD