福岡県 みやま市ー 乾田播種での鎮圧

~ 省力、作業時間短縮、農業経営の基本です! ~

ユーザ事例
田中 稔久さん

福岡県の西部、矢部川が有明海にそそぐ少し手前、国道208号と209号に挟まれた町、みやま市瀬高町で乾田直播のコメ作りをしています。米が6ha、ブロッコリーとトウモロコシなど野菜が1.3ha、ほかに花作りも始めました。

規模拡大に家族だけでは対応できなくなって会社組織にし、今は10人の従業員に働いてもらっています。社名は(株)愛菜華田中ファームといいます。

乾田直播には欠かせませんね
ユーザ事例

直播をした後、雨でも降れば肝心のモミが流れてしまいます。県の普及員さんが良い機械があると言われたので、農機会社に相談したらこの機械を紹介されました。

使い始めたのは2年前くらいですが、バイブロスーパーソイラーのSV2-Tという機種で、38psのトラクタに装着して使っています。播種後の圃場の鎮圧作業なのですが、振動しながらローラーをかけて行くので効果が上がるし、なんと言っても作業が早いです。

労働時間の短縮ができたので、規模拡大を目指して米だけでなく 野菜作りも増やしましたし花もはじめました。まだまだ色々作物も増やしていきたいと考えています。

サトイモづくりに挑戦したいと思います

実は、県が県の産品としてサトイモを有名にしたいと考えているようなのです。しかしながら、この土地は粘土質でサトイモ栽培には適していません。そこで土壌改良のための何か良い方法が無いか農機会社に相談したら、今使っているSV2-Tの作業オプションを替えれば硬盤破砕・土壌改良ができるとのこと。早速メーカーである川辺農研さんに問い合わせして、資料と見積もりを取り寄せることにしました。

県の名産品づくりを実現するためにも、私たちの会社を発展させて行くためにも、今後ともバイブロスーパーソイラーを活用して規模拡大を実現したいと考えています。

ユーザ 田中 稔久 さん
地域福岡県 みやま市
主な用途 乾田播種での鎮圧
機種名 SV2–T