長野県 南佐久郡小海町 ー 硬盤破砕 人参掘り取り

~ 強い味方ですね ~

ユーザ事例

長野県の小海町で15年ほど前から、多品種の野菜作りをしています。もともとは東京の小平市という町の出身で、食品関係の会社に勤めていました。それが自分の手で野菜を作りたいという思いが強くなって「みどりのふるさと協力隊」という組織に参加することになったのです。

最初の1年(2004年)は岐阜県の飛騨で研修を受けました。結構きつい修行でしたね。研修が終わって、さて農業経営に臨もうと思いましたが、いかんせん畑を持っていません。その時、協力隊の同期生が自分の故郷である長野県の小海町へ誘ってくれたのです。

1町5反歩の土地を譲ってもらい、念願の農業経営に取り組むことができたのです。

効率の良い野菜づくりに欠かせない機械です
ユーザ事例

多品種の野菜栽培を行っています。毎年少しの変化はありますが、大体30種類くらいの野菜を栽培しています。種類が多いとそれなりの手間もかかりますが、24PSと50PSのトラクタを使いこなして、カワベのスーパーソイラーという機械をトラクタに取り付けて畑の硬盤を破砕したり、ニンジンの掘り取りに使ったりしています。硬盤を破砕すると、畑が全体に柔らかくなって野菜たちの生育がとても良くなります。そのうえ、品質も良くなり収量も増えてすごく有難いです。

ニンジン掘りも効率よく楽になりました
ユーザ事例

ニンジン掘り取りはとても手間のかかる作業ですが、トラクタにスーパーソイラーを装着して畝の横を引っ張っていくと、機械のシャンクが振動して掘り上げるので、すごく効率よく楽な作業になりました。カワベは農家の味方です。

販売先が注文の時に栽培野菜のヒントをくれます

30種にものぼる野菜づくりですが、大手の食材会社さんが注文をくださるときに、こんな野菜を作れないかとか、こうゆうものが売れているとか、ヒントをくださいます。ですから新しい品種を増やしたり、減らしたりするときのすごく大切なヒントになっています。

販売先は「らでぃっしゅぼうや」さん、「コープ自然派」さんとか「大地を守る会」さんとかですが、農業経営者にとっては、とても有難いことと考えています。

ユーザ 坂巻 秀高 さん
地域長野県南 佐久郡小海町
主な用途 硬盤破砕 人参掘り取り
機種名 SV3-B2S SV3-BS